いつの間にか終わっているような人生が理想だ

マインドフルネスを始めてから、そう感じるようになった。いつの間にか10年20年と過ぎているような人生は、なんて素晴らしいだろう。振り返る暇もなく、悔やむ暇もなく。

昔はまったく逆の感じ方をしていた。いつの間にか10年20年と過ぎてしまうような人生は、恐くて仕方なかった。

だけどいくら恐がっても、恐がらなくても、どちらにせよ時間は過ぎる。いくら時間に敏感でも、そうでなくても、結果は変わりはしない。誰も時間は止められない。

ただ時間を恐がっている今や、恐がっていない今があるだけだ。それならば、時間を恐がらない今がひたすらに、連続する方が良い。

今では、今の瞬間だけに生きることが、もう恐くない。今には今しか存在せず、その瞬間が連続している。

そしてたとえ、今だけに生きたせいで、あっという間に人生が流れたとしても、時間が流れた先にだって、今という瞬間があるだけだ。