マインドフルネスとマンネリと刺激

瞑想の訓練をはじめてから半年ぐらい、少しマンネリを感じていた。

はじめてマインドフルネスと出会ったの時の、あの刺激的で、胸がいっぱいになる感覚がない。どうにも戻ってこない。

僕は「あの感覚」がマインドフルネスなのだと思っていた。人生がとてもキラキラしていて、心から充実していて、ひとつの長い夢から覚めて、新しい夢が開けていくときのような感覚。

だけどそれからしばらくトレーニングを続けて、それはただの「最初の刺激」だったのだと理解するに至った。

強い刺激であろうと、小さな刺激であろうと、中ぐらいの刺激であろうと、どんな味わいだって、僕は身体感覚を楽しむことが出来る。調子が良ければ、人生の中の一瞬としてだって、意味合いを感じられる。