全く別の世界で起こっているゲーム

目を閉じながら考えてみる。社会的なゲームは、本当の自分とは全く別の世界で起こっているものだと。

普段、人間は社会性というものに洗脳されているけれど、ただ超然とした自分が、真実の世界に存在する。

人生の中で何度か見つかり、そのたびすぐに消えてしまった、洗脳度の低い自分。

だけど今では、よく目を凝らせば見つかるような気がする。夢から覚めるように。