日常の不満は、真実の不安をフィルタしているだけ

仕事への不満、人への不満、その他諸々。

本当は生命に対する不安をフィルタしているだけなんじゃないだろうか。つまり根源的には死に対する不安を。

そう思えば不満や不安の種類はひとつだけだ。シンプルな話になる。

そして受け入れてさえしまえば、きっと死は怖いものではない。