生まれては消えてゆく感覚

心地良い感覚も、そうでない感覚も、全てが生まれては消えてゆく。

意識できるもの、そうでないもの、複雑なものや、そうでないものたちが、体を通り過ぎてゆく。生きるということは、死ぬことを迎える準備だ。

自分というものに命が宿り、まるで自分や、世界があるかのように装っている幻想。よく目を凝らせば、自分の概念が解けてゆく感覚。