瞑想で疲れたら、瞑想しよう。(集中とリラックス)

瞑想にもエネルギーを消費する瞑想と、回復する瞑想がある。

集中する瞑想はエネルギーを消費する。意志力を使う感じだ。

リラックスする瞑想をすると、エネルギーを回復することができる。

人間のエネルギーは一種類ではない。様々な機能が複雑に働いて、消費と回復を繰り返している。

やり方はシンプルだ

集中したい時は、集中に向いた姿勢で、集中する感じに意識を向ける。

リラックスしたい時は、リラックスに向いた姿勢で、リラックスした感じに意識を向ける。

それだけだ。

具体的には

座りながらの瞑想で集中した後には、ソファに腰掛けながら瞑想でリラックスするのが良いかもしれない。もっとリラックスしたければ、体を横にしても良い。

ただ姿勢を変えるだけでも、体で感じるものは全くと言って良いほど変わる。

あぐらをかいて座っている時には「集中していく感じ」が出やすいし、ソファに座ったり横になると「リラックスしている感じ」が、身体感覚として生まれやすい。

なので、あとはそれぞれの感覚に意識を向けてやるだけで良い。