瞑想とプラシーボ効果。マインドレスな自分に気付くこと自体が、マインドフルネスのトレーニングになる。

「気付く」という行為は、それ自体がマインドフルネスのトレーニングになる。

つまり、マインドレスな状態に対して、具体的な対処ができなくても、何の問題もない。ただ気付くだけで良い。

何度も「気付く」こと、それが訓練になる。

なんとも楽な話じゃないか。だけど実際に、そうなのだ。

このことに「気づいて」から、僕はすごく楽になった。

マインドレスな自分がいても、特別な対処しなくても良い。

気づいていない時は、気づいていないので、そもそも問題がない。

そして、気づいた時はそれがトレーニングになる。

言葉で書いてしまうとなんとも不思議だが、なんだかそんな気がしている。

「マインドレスな自分に気付く」「何も対処しなくて良いことを理解する」「対処しなくて良い幸福を感じる」

今までは「何も対処が出来ない自分」に対して、多少なりともメタ的な苦悩を感じていた。

だけど「対処しなくて良い」「気付くだけで良い」ことに「気付いた」自分の方が、幸福であることに「気付いた」。

「瞑想だと思えば、それが瞑想だ」

そんな考え方もある。

どうやらぼくは、それが正しいような気がしている。

人間の意識の大部分は、どうやら自己実現的に出来ているみたいだ。

だから「瞑想だと思うこと」が「瞑想」なんだ。

瞑想とプラシーボ効果

生態学の世界でさえプラシーボ効果があるのだから、意識がほとんどを左右する瞑想の世界では、その効果は何倍も高いんじゃないだろうか。